今日のことば

12月3日

情け容赦もなく
情(なさ)け容赦(ようしゃ)もなく 《慣》


過酷な性格で、相手に対して同情や手加減を全くしない様子。

「情け容赦もなくしかりつけるので、あの部長は下の者に嫌われている」
山をかける
山(やま)をかける 《慣》


相手の出方などに大体の見当をつけ、そこにねらいを定める。

「カーブに山をかけていたら、直球で攻められた」

[類句] 山を張る





バックナンバー
12月11日
・喉から手が出る
・断金の交わり
12月10日
・耳を塞ぐ
・一人歩き
12月9日
・愛多ければ憎しみ至る
・芸は身を助ける
12月8日
・櫛の歯が欠けたよう
・どすがきく
12月7日
・竹の子生活
・姿を消す
12月6日
・四の五の言う
・駄駄をこねる
12月5日
・筆を曲ぐ
・骨折り損のくたびれ儲け