今日のことば

11月30日

是非に及ばない
是非(ぜひ)に及(およ)ばない 《慣》


事態が切迫して、そうすることがいいかどうかなどと論じ合っている余裕がない様子。

「事ここに至っては、人員を整理し、事業を縮小することも是非に及ばないであろう」
金城湯池
金城湯池(きんじょうとうち)


[出典] 〈漢書(かんじょ)・蒯通伝(かいとうでん)

きわめて防備の堅固な城。鉄で造った城壁と、熱湯を入れた堀(ほり)の意。

[原文] 「必ず将(まさ)に城を嬰(めぐ)らして固く守らんとす。皆、金城湯池(きんじょうとうち)と為(な)り、攻む可(べ)からざるなり〔必ず城壁をめぐらして固く守りましょう。皆、金城湯池となって、攻めることができません〕」

[類句] 金城鉄壁(きんじょうてっぺき)





バックナンバー
12月11日
・喉から手が出る
・断金の交わり
12月10日
・耳を塞ぐ
・一人歩き
12月9日
・愛多ければ憎しみ至る
・芸は身を助ける
12月8日
・櫛の歯が欠けたよう
・どすがきく
12月7日
・竹の子生活
・姿を消す
12月6日
・四の五の言う
・駄駄をこねる
12月5日
・筆を曲ぐ
・骨折り損のくたびれ儲け